六本木一丁目 炒飯専門市場 童童

焦がし醤油 M ¥630

神谷町から六本木一丁目まで歩いていくとある大変おしゃれなお店。
いろんなトッピングができるらしいが、今回はオプションなしで頂いた。

味はビビンバ感が強く、パラ度はあるもののチャーハンとして判断に悩む。
焦がし醤油の醤油がけっこう濃いため、最初に混ぜることをおすすめしたい。

若おっさんがパッと入ってガサガサ食べるには恥ずかしい感じなので、
このチャーハンはこれで楽しめた。今度はトッピングを追加したいところ。

[六本木一丁目] 童童 (トントン)
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13164221/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA